DIY

造作壁

リビングの一角にある、漆黒の造作壁。

我が家のフォーカルポイントでもあるこの造作壁は、ディアウォールという2×4材の柱を立てるアイテムを使い、賃貸でも原状回復可能な方法で作成したDIY作品です。

壁には釘もネジも打たず、壁掛けテレビも実現。

棚板の後ろにはLED照明を仕込んでいるので、夜にはリビング全体の間接照明としても機能。

この造作壁の作り方は以下の記事にまとめていますので、「壁に穴を開けずに壁掛けテレビをやってみたい!」という方や「賃貸だけどオシャレな造作壁が欲しい!」という方は、参考にしてもらえたら嬉しいです。

室内ドア

元々はナチュラルな木目調で優しい雰囲気の部屋を、真っ白にリメイクしています。

フローリングの床には剥がせる両面テープでフロアタイルを貼り、猫が足腰を痛めないよう部分的に吸着型のタイルカーペットを敷き詰めており、巾木やドア枠には白いマスキングテープを使用。

面積が広いドアは剥がせる両面テープで白い壁紙を貼り、モールディングで装飾を施すことで、ぱっと見は海外風に。

収納庫の把手もわずか数百円で本格的なものが手に入るので、DIY初心者の方にはオススメのリメイク箇所です。

これらはもちろん原状回復可能な方法ですので、退去時には元通りナチュラルなお部屋に戻せます。

猫のためのDIY

我が家の猫が狭窄症を患い、ジャンプなどの激しい動きをさせられなくなったので、猫の飛び降りと飛び乗り対策に奮闘したDIY。

仔猫ちゃんや老猫ちゃんにも応用できると思うので、猫ちゃんと一緒に暮らす方の参考になればとても嬉しいです!

 

売ってないなら作ってしまえ!!がモットーなので、このページもどんどん更新していけたらいいなと思っています♡

PROFILE

MAKO
MAKO
 
東京都千代田区在住の会社員。2LDKの賃貸マンションで大人2人と猫2匹のインテリアライフを楽しんでいます♡
詳しくはPROFILEをどうぞ。

SNS

お気軽にフォローして下さい♡
 
Instagram
 
RoomClip
 
楽天ROOM

ARCHIVE

最近の記事

  1. インテリア

    モノトーンな大人ハロウィンディスプレイ
  2. インテリア

    人気のホワイトグリルプレートを購入!
  3. インテリア

    部屋を広く見せる最終手段に着手
  4. インテリア

    何も置かない理想のキッチン周り
  5. インテリア

    やっと出会えた本当に真っ白なカーテン
PAGE TOP